フォト

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の3件の投稿

2018年7月16日 (月)

サツマイモの菅野式若苗萎れ定植

  去年ほったらかし栽培したサツマイモが思いの外豊作でとても美味しかったです。今年は欲張ってもっともっと収穫出来るようにサツマイモ栽培方法についてネットでリサーチしていました。見つけた栽培法は菅野式若苗萎れ定植というものです。準備として4月20日ネットで紅アズマの苗を購入。25本1000円送料込みでした。これをそのまま畑に植えるのではなく、苗を仕立て直してから植えるとのこと。買った苗をプランターにズブッと挿して根が活着したら液肥を与えしっかりとした良い苗を作るというもの。↓4月はサツマイモにはまだまだ寒い時期のようで活着するのにかなりの日数がかかりました。枯れたか、と思う状態になってからこんな風に伸びてきました。こうなるのに一ヶ月近くかかっています。
  
Img_20180703_1521351

  そして太く立派に育った苗の①節②節は切ってしまい、
Img_20180709_161533

  3,4,5節を植える方法だそうです。芋の最初の1,2節は芋が付かず3,4,5節に芋が付くため、余分な1,2節は切ってしまいます。この頂点を切った苗をわざと日に30分ほど当てて萎えさえ芋が生存本能に目覚めるように仕向けるとの事。そうやって植えられた苗は活着が確実で収穫が望めるそうです。さらにプランターに挿した苗が切っても切っても伸びるので25本の苗が三倍以上になりました。私も自分用に45株、畑仲間に25株と元25株が3倍近くになりしばらくは苗を取り放題でした。場所が有って沢山植えたい人にはお得な農法かと思います。ただ、サツマイモは強い作物で最初の買ったばかりの25株を素直に畑に植えて伸びたつるを切りそれを植えればわざわざ苗の仕立て直しをする必要があったのかなとも思ったりして。。。(?_?)まあ、「買ったばかりの苗を太くて立派な苗に仕立て直す」という事が第一目標のようなので手間をかけた分、秋の収穫に期待したいと思います。
Img_20180709_161610
  今年はベリー類、特にブラックベリーが凄く元気で、毎日沢山収穫できます。

Img_20180703_1520011

  食べきれないのでブラックベリージャムを作ろうと思います。贅沢、贅沢(^▽^笑)
Img_20180708_1857341


2018年7月 4日 (水)

庭の梅の実でウメジャム作り

  今年は庭の梅の木から実が沢山採れました。

Img_20180622_0817291

  毎年平均して1キロ位が採れていましたが今年は3.5キロ収穫出来ました。まだ青いですが強風や雨でぽろぽろと実が落ち始めましたので収穫しました。

Img_20180622_0837461

  これらを数日間おいて熟すのを待ちます。↓だいぶ黄色くなりました。

Img_20180626_0739211

  熟すスピードが実によって違うので早く熟した実は取りあえず冷凍しておきます。

Img_20180702_0810341

  ほぼ全て熟しましたので全て冷凍し、3分の1づつくらいをジャムにします。↓約一キロ(種付き)の解凍した実に対して15%〜20%の砂糖を加え火にかけます。

Img_20180702_1111041

  水分が出てきて実と種が外れるので網で漉して種は取り除き漉した果肉を再度火にかけとろみが出て来たら梅ジャムのできあがりです。

Img_20180702_1215341

  酸っぱ目かもしれませんが甘味が足りなければその都度蜂蜜を足せば良いのであまり甘く仕上げない方が良いかと思っています。ヨーグルトに入れたり、トーストにのせたり、サラダにドレッシングとしても利用できるとても便利なジャムです。

  ツブ友さんの影響でレモンケーキやレモン味のパンにハマっています。うちは田舎で近くにケーキ屋さんは無いのでスーパ−の菓子パンで我慢です。

Img_20180701_1224411  ↑↓ちょっとだけレモンの風味がするカスタードクリームが入っていました。まあこんなもんかなと。。(^-^;

Img_20180702_0931291

 

Img_20180701_1224471

   ↑↓クリームチーズにレモンが入っているような味でした。これも微妙なお味。。。  どちらも100円前後なので贅沢は言えませんが一度食べたらもういいかという感じでした。。。

Img_20180701_1225321

 

2018年7月 1日 (日)

園芸支柱を利用した防鳥ネット張り

  ジューンベリーやブルーベリー等のベリー類を毎日収穫出来るのは本当に嬉しいo(^-^)oでも油断すると鳥達にゴッソリ食べられてしまう事がたびたびあります。そのため、果樹類にネットをかけているのですがこれが結構面倒くさい。(>w< )。手持ちの材料の園芸用支柱で枠を組んでそこにネットをかけてはいるものの紐の結び方が甘いのか支柱が交差する角の部分が下がって来ます。↓

Img_20180701_1041061
  しかし今年は良い材料を見つけました。それが、塩ビ継手です。

Img_20180701_104325
 ①が塩ビ継手 呼び系13-園芸支柱直径16mmが見事にすっぽり入ります(^O^)
 ②支柱用の結束金具ーこれは前から使っていました。
 塩ビ継手のおかげで支柱が直角に交差する部分が簡単に組めて全体の枠がしっかりとして強度が増しました。作った枠は横180奥行き100高さ180

Img_20180701_1038011
 電動ドリルで縦支柱に穴を開けて、短めにカットした支柱をハスカイにし、それらを木ねじで留めればちょっとしたパーゴラの出来上がり(≧∇≦) 

Img_20180701_103839
 こうやって出来た枠にネットを張れば鳥からベリー達を守る事ができます。

Img_20180701_1109521
 2階の窓から見た感じです。

Img_20180701_1110341
 費用は塩ビ継手呼び系13=30円x4個
    園芸支柱直径16mm,180cmx10本=家に有ったので0円
    支柱用結束金具、木ねじ、マルチクリップも全て家に有ったので0円
  まだまだ改良の余地がありますがしばらくはこのやり方で果樹を守ろうと思います。

           

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »