フォト

« サツマイモの菅野式若苗萎れ定植 | トップページ | 私の五十肩奮闘記② »

2018年8月 1日 (水)

私の五十肩?奮闘記①

Images

  一年半程前の早朝、右腕の二の腕に激痛が走り飛び起きました。思わず声が出るくらいに痛くて暫くは動けませんでした。なんて言うか肉離れをおこしたような痛みでした。それでもその後は何の事は無く、普通に毎日を過ごしていました。それから数週間後の早朝、今度は右手が痺れ出し『何か悪い病気?』と心配になったので慌てて近所の神経外科に行きました。お医者様の診断は『五十肩です。無理に動かさないようにしていれば自然に治ります。』とのこと。湿布と痛み止めを貰って帰宅。お医者様の言う通り無理な動きをしなければ痛みはないのでそのまままた暫く様子を見る事にしました。それから数ヶ月後、痛みが段々と酷くなってきました。(上のイラストはお借りしています。)

  出来なくなった事。

①服の脱ぎ着が1人ではできない。頭被りの服だけではなく、コート類の右袖に腕を通す事が無理。

②髪の毛を結べない。俯いてかなり頭を下げないと右手では髪の毛を梳かすことさえも出来ない。

③左肩が痒くても右腕が届かないので掻けない。←これは辛かったです。(ρ_;)

④トイレで肝心な場所が拭けない。←ウォシュレット様々でした。

⑤蚊を両手でパンっと殺せない。パンっとやろうもんなら激痛が走り暫く膠着状態でした。

⑥遠くのゴミ箱にゴミをポイッと投げ入れる事ができない。もう全くと言っていい程右腕の柔軟性は失われているのでこういった投げる動作は不可能になりました。その為常に左手ばかり使うので左手で投げ入れるのがうまくなりました。

⑦右肘をついてゴロンと寝そべる事が出来ない。←これは今でもちょっと違和感があるかも。。。。

⑧右手でご飯をたべるのが辛い。←この辺りからかなりヤバいなと思うようになりました。

『動かさないようにすれば痛くない』ではなく『痛くて動かせない』状態になりました。。。。。続く。。。

« サツマイモの菅野式若苗萎れ定植 | トップページ | 私の五十肩奮闘記② »

つぶやき、何気ない日常」カテゴリの記事

コメント

整形外科に行って、ステロイドの注射をしてもらったらどうでしょう?
私、去年肩に激痛が走ったときは(眠れないぐらい痛かった)
その注射をしてもらった数日後、ウソのように痛みが引きました。
それは四十・五十肩ではなく、別の症状でしたが。
利き手の方だと、いろいろ生活に支障が出ますよねー。
服の着脱とトイレは深刻な問題です(笑)

chibiayaさん、そうなんですよね。注射してもらおうかと考えたんですけど一時しのぎみたいであまり医師は勧めてくれませんでした.もう一年以上経過しているので肩が固まってしまっていて可動域が狭まってしまうのが一番の問題のようです。

一般的な四十肩とか五十肩とよばれているものは、
少し痛みがあるぐらいだと思っていたが、
そんなにも辛い症状だったのですねー
○○肩は確か原因もはっきりしていないような事も聞くが、
はやく治るといいですね!
TVの特番なんかで痛みの特集なんかも
時々放映されているので
何か参考になるような事もあるかも知れないので
注意しつつ見るようにしたいと思いました

自分はそういう○○肩のような経験はまだないが、
昔、追突事故でムチ打ち症になり、
右手が全く上がらなくなるという似たような経験はしたが
結局、針灸(中国針)で治ったけど辛かったです
 

CMさん、五十肩がこんなに辛いとは思いませんでした。本当に激痛です。痛みで何度か泣いた事があります。(。>0<。)。。中国針ってあるんですね。太くて長い針をつかうんですよね。うちの近辺では施術してくれる所はないようなので市内に行った時に探してみます。(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の五十肩?奮闘記①:

« サツマイモの菅野式若苗萎れ定植 | トップページ | 私の五十肩奮闘記② »