フォト

« 12月20日22:31逝く | トップページ | 寂しいお正月だけれど。。。 »

2018年12月22日 (土)

埋葬

20181221_130923
いつもEdwardと過ごしていたリビングからよく見える庭の中央に亡骸を埋葬することにしました。主人が穴を掘り始めましたが慣れないせいかなかなか進まず一旦中断し、仕事より帰宅後に続きを、ということになりました。私としてはEdwardの亡骸と一分一秒でも長く一緒に居たかったのでこの中断は正直言ってかなり嬉しかったのです。ガーゼのバスタオルでくるんだEdwardを何時間も抱っこして色々な話をしました。沢山のありがとうも伝えました。沢山のキスもしました。沢山のごめんねも言いました。返事をしてくれなくても目を開けなくても起きあがらなくてもいいのでこのままずっと抱っこしていたいと思いました。。。夕方6時頃に主人が帰宅しましたので2人で泣きながら本当のお別れを言い、庭に咲いていた水仙の花と一緒に庭に埋葬しました。Edwardを埋葬した後の家の中は本当に静かでまだ彼の匂いだけがかすかに残っていて、もう居ないのはわかっているのについつい彼を探している自分が愚かに思えました。悲しくて悲しくて仕方有りません。年甲斐も無く声を上げて泣いています。どんなに泣いてもあの子は戻って来ないのに。。。。

« 12月20日22:31逝く | トップページ | 寂しいお正月だけれど。。。 »

Edwardの日常」カテゴリの記事

コメント

埋葬が終わって、少しは落ち着かれましたか?
何だか私まで泣けてきそうです。
私の場合は、残った猫たちがいるおかげで、嫌でもいつもどおりの生活をしないといけなくて悲しみに浸っている余裕がなく救われました。
我ながら薄情だなーと思わないでもなかったですが、救われたのかもしれません。
しばらくはお辛いかと思いますが、時間が経てば、自然と癒されてくると思います。

chibiayaさん、火葬よりいいと思っていたんですけど掘ればそこに居ると考えると諦めがつかないんです。結局リビングから庭を見るのがつらいので(いつもエドワルドとリビングで寝ていた)寝る場所を二階に変えました。おっしゃる通り時が痛みを癒してくれるのを待つばかりです。

うちの実家の愛犬は、火葬のあと、遺骨をリビングに置いたままです。
父に「いつまでも置いてちゃ、成仏できないじゃん」と言ったら、
「憑りついてくれたらいいよ。ワシが死ぬときに一緒に連れて行くから」と。
そのとき、なんだかすごく納得しました。
あの子なら、大好きな父のそばでずっと見守ってくれると思ったからです。

Edwardちゃんも、見えないだけで、そばにいるはずです。
今はまだ辛いと思いますが、泣いてばかりいたら心配しますよー。
明後日にはぐっと気温も下がるそうですし、お体の方も大事にしてくださいね!

明さん、そうですね、エドワルドが困惑しているでしょうね。でも失った悲しみよりも何もしなかった自分が許せないのです。ああいう死なせ方しかできなかったかと思うと後悔してもしきれないのです。

どんな事をしたとしても絶対に自分の心の中では
色んな後悔はあるように思えますよー・・・
 時間が癒してくれるのを待ちたいし、
 そう信じています

CMさん、優しいお言葉、心に響きました。ありがとう。。。。

Edwardちゃんは、大往生だと思います。
居場所がなく転々として、ようやく落ち着けるところに来れて
18歳って長生きできたのは、それだけedyさんの所が良かったからなんでしょうね。
たとえば病院へ行って、見知らぬ人に囲まれて、痛くて辛くて怖い思いをするより、
大好きな人のそばで、最期は自然に任せるのとか、幸せな生き方だと思います。

どんな風に対応しても、完璧なことなんてないですよー。

良かった思い出を話して、それでいっぱいにしましょう!
だって、せっかくEdwardちゃんと出会って、一緒に過ごしたんですから。

明さん、ありがとう。そう言ってもらえて少し救われました。

ご無沙汰しております。Edwardちゃんのこと悲しいです。私自身の亡くした猫の事を思い出し何と言って良いのか言葉が見つかりませんでした。私もすぐにお骨にすることが出来ずに庭に埋葬しました。なのでEdyさんの気持ちがよくわかります。でも最後までずっと側にいて見守っていてくれてきっと幸せに思っていたんじゃないでしょうか?Edyさんの優しさはすごく伝わっていたと思います。悲しい顔をしていたらきっと心配していますよ

chappyさん、本当にご無沙汰しています。慰めてくださってありがとうございます。本当に心の支えになります。乗り越える日が来ますよね。(u_u。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埋葬:

« 12月20日22:31逝く | トップページ | 寂しいお正月だけれど。。。 »