フォト

« Edwardの生い立ち1 | トップページ | 良く考えてみたら。。 »

2019年1月 4日 (金)

Edwardの生い立ち2

Dy

エドワルドが家に初めて来たとき、彼の体重は8.4kg有りました。獣医さんから「痩せさせないと色々な病気をする」と言われ数年かけて痩せさせました。それでも亡くなる一ヶ月前位までは6.4kg有ったので苦労したわりにはまだまだ太っていた猫だったと思います。身体も大きかったですが心も大きくて初対面の人に会って怖がったり逃げたりした事は一度も有りませんでした。友人達の犬が来てもしらんぷりで肝っ玉のでかい子だなと思っていました。家の外に出ても逃げたりよその家に行ったりした事も一度もありませんでした。ちゃんと我が家の敷地内で少し遊んですぐに帰って来るような子でした。一番嬉しかった事はエドワルドを貰って数日後、彼がじっと私の方を見ているのに気がつきました。こちらもじっと見つめ返すとゆっくりゆっくり近寄って来て私の首元に両手を置いてハグしてくれたことです。私は本当に嬉しくて心がフニャっとなりました。エドワルドはこの日から亡くなる2週間前まで毎日欠かさず私をハグしてくれました。朝起こしてくれるエドワルドに「今日も一日頑張ろうね」と話しかけました。寝る前には「今日も一日元気でいてくれてありがとうね」と言っていました。今はもうあの子はいないけれど『幸せな思い出を沢山ありがとうね。」と庭に眠っているエドワルドに毎日話しかけています。。。。。

あの子が逝った日から何百回と繰り返し聞いているradioheadの All I needです。。。。。

« Edwardの生い立ち1 | トップページ | 良く考えてみたら。。 »

つぶやき、何気ない日常」カテゴリの記事

コメント

シリルに似ていると思っていたけど、顔だけで、体型が全然違った(笑)
Edwardちゃん、いろいろあったにも関わらず人間不信にならなかったんですね。
この写真、とっても素敵です。
本当にedybodyさんの家族になれて幸せだったと思います。

chibiayaさん、そう言えばシリルちゃんは小柄な子だと言っておられましたね。エドワルドはお世辞にも小柄とは言えませんでした\(;゚∇゚)/。。そうなんです。色々な所に貰われていたのにおっとりして良い性格の子でした。想像ですがどの飼い主さんもとても可愛がって下さったのではないかなと思います。。。私もこの写真好きなんです。こうやっていつも一緒に寝てくれて嬉しかったです。あの子が私を幸せにしてくれたんですよ。(*^-^)

とっても性格の良い猫ちゃんだったんですね〜
うちの子達はすぐに隠れてしまって絶対出てきてくれません。
だから猫好きのお客様が見えても接待してくれません
いつもは側にいるんですけど・・・
猫のタッチって本当に優しいですね。そっとポンポンって触ってきますね。
ハグしてくれたらフニャってなってしまいますよね。
情景が目に浮かんで心が温かくなりました

chappyさん、私も猫は人見知りするのが当たり前、と思っていたのでエドワルドが来た時はちょっと驚きました。フレンドリーな方が可愛がってもらえる、と生き残る術を自然に身につけていたのかもしれませんね。彼のハグは本当に癒されましたよ。嫌な事があってもエドワルドのハグでリセットされましたからニャンコのヒーリングパワーは凄いなと思いました。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Edwardの生い立ち2:

« Edwardの生い立ち1 | トップページ | 良く考えてみたら。。 »