家庭菜園にて野菜作り

2017年7月11日 (火)

黄色いトマト

    黄色いトマトの種を頂きましたので栽培し収穫しました。happy01

Img_20170709_1301031

  切ってみますともちろん中も黄色でcoldsweats01味はやはり普通のトマトでした。coldsweats01

Img_20170709_1302431

  今年はトマトの実が青いうちから青虫に穴を開けられて結果的には実が腐って落ちてしまうことが多くなってきました。

Img_20170711_0850351

  ものすごく面倒くさいけど水切りネットで一つづつ包む事にしました。(-_-X)

Img_20170711_0850481

 大きな実は収穫用のネットで房ごと覆います。

Img_20170711_0851051

   こうすればカメムシの害や鳥害も防げるのでやっただけの価値はあるかと思います。。。。

Img_20170711_0851141

 

   去年、中学時代からの友人がガンで亡くなったので一周忌を兼ねて彼女の友人達が集まり忍ぶ会を開きました。皆それぞれの人生を忙しく生きてきて昔の事を思い出す余裕もあまりなかったのですがこの日だけは少女時代に戻ってワイワイがやがやとおしゃべりし楽しく過ごす事が出来ました。。。。

Img_20170711_090137_2

                                         Cocolog_oekaki_2017_07_11_14_47

 

 

2017年6月29日 (木)

レモンケーキ(+_+)じゃなくて。。。。

  珍しいキュウリの種をいただきました。その名もレモンキュウリ。↓

Img_20170627_0756541

    野球ボールくらいの大きさになりましたので収穫します。色は薄い黄色です。   

Img_20170629_0728381

   半分に割ってみました。そしてお味の方はーーー普通のキュウリでした。。。\(;゚∇゚)/

Img_20170629_0751421

  もう一種類、珍しいお野菜の種、紫インゲンの種を植え、収穫してみました。お味の方はーーー普通のインゲンでした( ̄Д ̄;;

Img_20170626_1746511

  たたずむEdwardとレモンキュウリcoldsweats02

Img_20170629_0733211

 

2017年4月26日 (水)

暴れるライラックと頑張るケール

  ライラックの花が終わり一気に葉が出てきましたが出過ぎの感じですcoldsweats02。庭木の本にはライラックは萌芽力が弱いので剪定はあまり必要ないと書いてあることが多いのですがどうもうちのは違う種類なのか、もの凄い勢いで新芽があちこちから出て暴れまくっていますcoldsweats01。↓今朝の様子

Img_20170426_0756181

  ↓約2週間前の様子。樹形を整えるのに良さそうな芽を選んで残りは軽く切ろうと思っています。。。。

Img_20170412_0929001

  冬から春にかけて大変重宝したケールです。右は収穫前。左側は数日前に収穫したものですが根を残して収穫したために新たなケールが生え始めました。

Img_20170426_0803151

  ↓このままにしておけばまたケールが収穫出来るのでしょうかね???実験してみたいけどこの畝にサトイモかキュウリを植えたいので株をぬいてしまうかどうか考え中です。。。

Img_20170426_0803371

Img_20170426_0804111

 

 『今年はシロヤマブキが良く咲いた』と主人に言ったらヤマブキにまつわる逸話を語り始めました。

 ある日、鷹狩に出かけた若き日の太田道灌が、にわか雨に遭遇して村のあばら家で蓑を借りようとしたところ、出てきた少女は無言のまま、山吹の一枝を道灌に差し出した。道灌は怒ってその場を立ち去ったが、あとで家臣から、少女の行為は「七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき」という古歌に寄せて、蓑のひとつさえ持てないかなしさを山吹の枝に託したものだ、と聞かされて自分の無学を恥じ、それ以降歌道に精進した・・・

  この話は主人が日本に来てすぐに日本の事を知ろうと読んだ本に書いてあったそうです。もう25年以上も前に読んだ本なのに内容を覚えていたことを自分でも驚いたそうですが私が『ヤマブキ』と言った途端にその昔読んだ話が甦って来たということです。主人は最初『日本人は変わってる、アメリカ人なら「あなたに貸す雨具は無い」と言ってそれで終わりだ』と思ったそうです。恥ずかしながら私はこの『山吹の里伝説』については全く知らず、外国人である主人から教わったことになりますが私は『ああ、日本人の性格を良く表している美しい和歌だわ。とても感動した。』と言うと彼は『30年近く日本に住んだ今、その通りだと思う。』と言っていました。アメリカ人の彼と結婚しているのでこの先ずっと日本に住むのかアメリカに住む事になるのか分かりませんがこんな美しい和歌が詠まれる日本に私はずっと住みたいと思ったのでした。。。

Img_20170426_0757051

 

2017年3月11日 (土)

色々なトマトの苗作り

  まだ寒い日が多いですが3月に入ってしまいましたので夏野菜の苗の準備に取りかかる事にしました。毎年苗の温度管理がいい加減で種の発芽、成長が遅く、畑に植えるまでにかなり日数がかかっていますが今年はなんとかゴールデンウイーク明けには夏野菜の苗ができているようにしたいと思っています。

Img_20170310_0916391

  アメリカからエアールームの種です。これらの中から時期的にトマトの種を植えることにしました。Img_20160918_1012171

  ↓ビーフステーキという名のトマト。きっと肉厚で美味しいのでしょう。confident

 

Img_20170311_1951561_2

   ↓紫のトマト、チェロキーパープル。病気に強く、リコピンが豊富だそうです。

Img_20170311_1951411_2

   ↓黒トマト。中サイズで多く収穫出来るそうです。

 

Img_20170311_1951491_2

   ↓赤と黄色のブランディワイントマト。大サイズでこれも多く収穫が出来るそうです。

 

Img_20170311_1952021

  とにかく暖かければ発芽が早まるだろうと↓ポリポットをゴミ袋に入れて昼間は陽のあたる場所へ置く事にしました。夜はホットカーペットの上にこのままのせて保温をします。

Img_20170311_0705001_2

  ↓今日はこのようにしても外が寒かったので袋の中は15度前後でした。。。この先2ヶ月近くありますがどうなりますやら乞うご期待(* ̄ー ̄*)

Img_20170311_070601_2



  今日は3月11日震災の日です。被害に遭われ亡くなられた方達のご冥福をお祈りし、そのご家族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。



       Cocolog_oekaki_2017_03_28_06_57

2016年10月14日 (金)

サトイモ収穫

  家庭菜園に植えた4株ある内の1株の里芋の収穫をしてみました。サトイモ栽培は今年が初めてで土の下がどうなっているかちょっと楽しみhappy02
Img_20161014_0832261

  掘り起こしてみると大小合わせて30個のサトイモが出来ていました。lovely スーパ−の野菜売り場のサトイモでもちゃんと芽が出て実が出来ました。ビギナーズラック?かな。。。。

Img_20161014_0834121
 実は私達夫婦はサトイモを食べないので実家に送ることにしました。coldsweats01 残り3株は霜が降る前には掘り起こそうと思います。

Img_20161014_0839431
  いつもラブラブしてくれるEdwardです。

Img_20161004_174342_2
  癒されます〜ヽ(´▽`)/

Img_20161004_174210

 

2016年8月13日 (土)

ネコブセンチュウかな

  家庭菜園のトマトがあんまりにも美味しくないので収穫が落ち着いたことにしてトマト株を引っこ抜く事にしました。抜いてみると、、う〜ん、、、根にコブが出来ている。。。。。

Img_20160813_0730261_2    これ、ネコブセンチュウの仕業かと思われます。どうしても連作になってしまうせいか去年あたりから野菜の根にコブが出来始めました。この抜いたトマト、味は仕方ないとしても株自体の成長にはあまり問題があるとは思えなかったのでこの先被害が広がらないうちにネコブセンチュウ対策を考えないといけないと思いました。。。。
Img_20160813_0730101_3

  あんまり美味しくなかったトマトですが調理すればなんとかなるだろうと思いミートソースを作ってみました。happy02見た目は普通かな?

Img_20160810_1827041
  お味は、、、こんなもんでしょう。。。。。

Img_20160810_1829411
   今度は襟口にカットが入った普段着ブラウスを縫いました。でかいけど着やすくて楽ですcoldsweats01

Img_20160810_1343441

"> ">

2016年8月 4日 (木)

甘くないな。。

Img_20160804_0940341
  家の庭で栽培しているトマトです。中玉トマトのシンディと桃太郎トマトの種を自家採取して育てているうちに交配してしまったようでもう今では何の種類かわかりません。大きさは充分なのですが甘くないなっと言うのが正直な感想で、どうしたものかと思っています。日光不足、水やり、肥料等イロイロ原因が考えられますが今年は仕方ないと諦めようと思います。(^-^;

Img_20160804_0939411

Img_20160804_0939571

"> ">

 

2016年7月26日 (火)

菜園スペース拡張

Img_20160723_1719371
  夏の市民農園で畑作業が辛くなって来たのでズッキーニ、トウガラシ、マクワウリ、ナスビのような毎日収穫する必要がない野菜は市民農園で、ほぼ毎日収穫する必要が有るトマトやキュウリは家庭菜園で栽培していますが家の庭の限られた菜園スペースで毎年キュウリ、トマトを栽培するため、連作気味になりどう工夫しても来年の夏野菜が栽培出来ない事がわかったので家庭菜園スペースを拡張することにしました。(今年は主人に頼みました(^-^;)↓宅地造成の際の盛り土をどけると粘土質の土が出て来ます。。。。かなり掘ってもらいました。大変だったそうです。。。

Img_20160723_1720041
  この粘土質の土を出来るだけ掘り起こし、そのあとに腐葉土や堆肥を入れて畑として利用します。↓掘り起こした土。奥の黒い土は腐葉土と混ぜて使います。手前の茶色い土は粘土質の土やゴロゴロとした石が沢山混じっているので処分します。来年の夏はこの新しい場所でトマトやキュウリを栽培することにしています。happy02

Img_20160723_1720211

 

2016年7月24日 (日)

魚のアラと海藻を原料にした有機100%液肥

Img_20160720_1555501
  今月は私の誕生日でした。主人からプレゼントは何が欲しいか聞かれて↑の有機液肥を買ってもらいました。このNEPUTUNE HARVESTはアメリカに住む主人の友人の会社が製造販売しているもので日本では売っていません。直接その友人から送ってもらうとものスゴイ送料がかかるため買えないでいましたが、たまたまたまAMAZON.COMで海外配送してくれる事を知り、早速オーダーしてもらいました。

Img_20160720_1556021

  原料は魚のアラや骨、海藻です。水で500~1000倍に薄めて使いますがスンゴイ魚の匂いf^_^;がして効きそうです。袋栽培の野菜にはまめに肥料が必要となるのでこの有機液肥を使ってみたいと思います。
Img_20160723_2056131

  この辺りは真夏でも朝晩は寒いので毛布が必需品のEdwardです(^-^*)/

"> ">

2016年7月15日 (金)

トマトの雨よけはどうなんだろう

  家庭菜園のトマトです。少しづつ赤くなってきました。毎年雨よけ無しで栽培しています。そのせいかどうかわかりませんが熟れてくると実が割れます。家で消費するだけなので割れても良いのですが傷みが早くなり大急ぎで食べないといけません。そこで今年は面倒ですが簡単に雨よけを被せてみました。

Img_20160715_0935011

   上は被っているけど強い雨だと下のほうになっている実は雨があたりそうf^_^; 台風の時は飛んで行きそうな弱々しい突貫工事です\( ~∇~)/
Img_20160715_0936001

 5株の内2株は雨よけ無しで栽培して見ようと思います。

Img_20160715_0935201
   里芋は順調に大きくなっています。

Img_20160715_0935311

 キュウリもうどんこ病など発生せずに元気です。
Img_20160715_0936191


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ