住まい、DIY,

2017年10月10日 (火)

永田農法その後とカメムシ捕殺作戦

Img_20171006_085321
 この夏のトマトの収穫が終盤を迎えた8月中旬、収穫終了したものから順番に苗木を抜かずに上部を切断していき、その切ったトマト株の間につるありインゲンの種を撒きました。畝を耕さずにトマトの根もそのままです。

Img_20171006_085423
 インゲンの種を蒔いたのが8月下旬近くだったので収穫出来るか心配でしたが無事に育って9月半ばから徐々に実が付き、今まででかなりの収穫量になっています。10月10日現在でも毎日収穫出来ています。トマトの株間にインゲンを植えたのは1、最後までトマトを収穫したかったので抜きたくなかった。2、トマト用に立てた支柱をそのまま利用したかった。3,耕すのが面倒だった。等の理由です。去年の冬野菜から永田農法(高畝にして液肥を週に一度施す農法で土作りをする必要がない)を実践していますが追肥のタイミングを逃すこともなく、あれこれと堆肥を入れて土作りもする必要がないので体力的にも費用的にも優しい農法ではないかなと思っています。

Img_20171006_145836 ↑永田農法で作ったニンニク(今年の6月収穫)です。今までで一番大きく立派に成長しました。永田農法は私には合っているのでこのまま続けようと思っています。 

  ツブ友さんのお宅に大量のカメムシの訪問で困っておられるとのことでしたが実は我が家のミカンの木にもかなりのカメムシが遊びに来てミカンの実を食害するのでミカンの皮がこのようにマンダラ模様になっており臭くてムカついているところでしたImg_20171010_0930091
 そこで空きヨーグルト容器に中性洗剤を入れてミカンの実の下にスタンバイし、実を少し傾けるとなぜかカメムシが容器に落ちて行きます。

Img_20171010_0931121

  ↓10分程の捕殺作業でこのような状態になりました(大小合わせて30匹くらいご臨終)。100発100中とは言えないけれど100発90中位の確率で捕殺できます。気持ち悪いけど面白い程容器に落ちて行くのでちょっとストレス解消になったかも知れません。。。。寒くなってカメムシが居なくなるまではこの捕殺作業はやめられないけどがんばります。
 

Img_20171010_0932211

2017年9月28日 (木)

ずっと考えているんですが。。。。

 夏になると日除けの目的で園芸用支柱を組み合わせてグリーンカーテンや日除けネットを窓際に設置してなんとか陰を作ろうとしてきました。窓自体が大きいので組み合わせる支柱も長い物が必要な上に、その支柱を設置するときも脚立を昇ったり降りたりが結構大変です。その話を友人にしたところ『ブドウ棚を作れば夏は日除けになるしそのあとは実が収穫出来るよ。』と言われたのが数年前のことです。coldsweats01
Img_20170925_074703

 友人のご主人はDIYが大好きなので材木を買って来て本格的なブドウ棚を作られたそうです。費用も25万円近くかかったとのこと。うちはそれほど費用はかけられない。材木は高くて無理、DIYする技術もありません。それならパイプを使えばどうかとパイプを扱っておられる会社を見つけて簡単な設計図を書いて見積もりをお願いしました。↓(゚ー゚; 高さ300cm(土に30cm埋め込む部分を含む)幅300cm奥行き150cmで設計しました。材料はこちらの会社から送って頂き、組み立てはDIYですることになっています。

Img_20170923_081839

  すぐに回答を頂きました。↓どうも私の設計では強度に無理があるらしく直径28mmのパイプ柱を2本づつ、計8本にして土に埋め込む設計にしておられました。しかも私の設計の絵が下手だったのでしょうか、高さが300cmでお願いしたはずが270cmになっていて30cm短くなっている。( ̄Д ̄;;。。けれど棚の上部分は二段になっていてしっかりしているように見えます。多少?のサイズの微調整は必要とはいえ、ざっと計算すると材料費は35000円前後になります。

Img_20170923_082119

  ↑ちょっと予算オーバーで構造も複雑になっているので組み立て作業や土に埋め込む作業も工夫が必要そうです。もっと安くできないかなと色々探していたらこちらの会社では組み立てキット品(24000円)↓が売られていてサイズさえ合えばそれを買った方が安く済みそうなんですが、柱の高さが258cmでうちの窓の高さに合わせるには50cm程足りないのです。(幅も少し狭いけどそれは仕方ない)。そこでアイデアです。

①この製品に束石を土台として使い、そこに柱を乗せ高さを足せばどうか。→ぐらぐらしそうで強度が心配。weep

②300cmのパイプを4本別途購入しこの製品の柱の部分にそれらを使えばどうか。→パイプ4本の代金が8000円近くするのでメーカーさんの回答してくれたアイデアの設計図に素直に従って作った方が良いかもしれない。。。。

000000020990                                    Cocolog_oekaki_2017_09_28_16_42

 などなど結論の出ない考えを延々と繰り返し今年もまたブドウ棚を作るプロジェクトは達成されないまま秋を迎えることになりました。。。。

 

  CMさんがニンニクの芽出しをしたとブログに書いておられたので早速私も真似をさせて頂きました。日向石にニンニクを乗せて育苗ケースの下に水をはっています。

Img_20170928_0729181

   たった2日で根が生えてきました。goodCMさん、ありがとう。

Img_20170928_0729221

 

2015年8月23日 (日)

三角ホーを買った

まだまだ日中は暑く、朝早く起きて庭に出て、涼しいうちに雑草刈りをしますが、陽が照り出すと暑くて作業中断しないといけないため、なかなか追いつきません。手で雑草を抜いているとしゃがみっぱなしになるため足腰がつらくて長時間できませんでした。良い農具はないかと探していたところ、ブログ友達から教えていただいたのが三角ホーです。
Img_20150823_1411411
柄がついているのでしゃがまないで立ったまま作業が出来ます。雑草を抜くというよりは削り取る感じ。家の周りぐるりと雑草を削り取るのにかかった時間はわずか10分。←早いです。手作業だと1時間以上かるくかかります。

Img_20150823_1410511
多少の力は必要ですがそれでも本当に早く庭中の雑草を処分できました。(刃ものです。先が尖っているので危ないです。扱いに注意しましょう。)

 

2015年7月20日 (月)

ちょっと懐かしいアルミピンチ

  竿やハンガーに洗濯物をかけてプラスティックの洗濯バサミで挟もうとすると、パキッ(o。o;)と折れることがしばしば。。。雨や陽にあたって劣化しているのでしょう。これが結構イラッとする(`◇´*)。安い物なので買い替えてはいるもののあの折れた時の気分の悪さが妙にストレスになっていました。ある日、実家で昔々、アルミピンチを使っていたのを思いだし、探したところ、100円ショップにありました(^O^)これこれo(^-^)o。

  Img_20150718_1400471

Img_20150718_1359261

挟む力が強いので跡が残るかも知れませんがパキッとのストレスが無くなる事を考えたらそれぐらい気にしません(o⌒∇⌒o) 次はアルミのバケツを買いたいと思います。( ̄▽ ̄)

2014年4月23日 (水)

緑のカーテン支柱立て

  今は本当に過ごしやすい季節です。このままこんな気候が一年中続いたら良いのにと毎年のように思います。二年前の6月にこの土地に越してきましたのでもう3ヶ月もすると3回目の夏を迎える事になります。暑くなってくる前に今日は緑のカーテン用の支柱を立てることにしました。せっかくなら収穫できる野菜のカーテンが良いのでしっかり目に作る事にしました。

Mini_140423_1331
  リビング前の窓。立てかけるタイプにしました。上部はスダレフックに紐で固定しました。斜めになっているのでリビングから庭に出入り出来ます。
Mini_140423_1518
  まだ仮止めしかしていません。もう少しネットがピンと張るようにした方が良いようです。                                                                      
Mini_140423_1517
  家の南側。独立タイプにしました。レンガの穴を利用して支柱を埋めています。ほぼ90度上に支柱を伸ばして上部はスダレフックに固定。
Mini_140423_15170001
 
  西側のキッチンの窓。泥棒よけのサッシ枠を利用して支柱を屋根型にして通路を通れるようにしました。
Mini_140423_1329
  出来るだけ窓と緑のカーテンの間の距離がある方が涼しいとわかったのが去年です。その時はもう遅く支柱も野菜の重みでダランとなったり、強い風でゆらゆらぐらぐらして毎日どこかを補強しないといけない状態でした。今年はなんとか快適に過ごせたら良いなと思います。