フォト

Edwardの日常

2019年1月 2日 (水)

Edwardの生い立ち1

エドワルドは2000年当時、捨てられた子猫だったそうです。大阪に暮らしていたオーストラリア人の女性が彼を拾って2年半程一緒に暮らしました。その後彼女が帰国する事になりエドワルドはある動物保護施設に預けられました。数ヶ月後、カナダ人の女性が同施設よりエドワルドを引き取りましたが7年後、この女性も帰国する事になり、また同じ動物保護施設に戻されました。その事を知ったこの女性の友人であるアメリカ人の男性M(主人の知人)が施設に居たエドワルドをすぐに引き取ったためこの時の施設での生活は数週間ほどだったようです。当時Mの家によく遊びに行っていた主人が『旅行することがあればその間は君の猫の面倒みるよ」と申し出たのがきっかけでエドワルドは数日間の単位で我が家で面倒を見ることが数回ありました。Mは『旅行に行くので」という理由を使っていましたが実際は病院に入院していたようです。2011年の秋、いつものように『旅行に行く」と言ってエドワルドを我が家に連れて来た彼でしたが数週間経っても連絡がなく、どうしたことかと思っていたらこの男性の親友である人から「Mは癌の末期でもう長くない」と聞かされました。私と主人にはこの話は寝耳に水でした。エドワルドの飼い主として正直に相談して欲しかったと私は思いました。Mから直接主人に電話がかかってきたのはMが亡くなる2週間前で電話口で『自分はもう長くないのでエドワルドをこのまま引き取ってもらっていいですか?」と言われたそうです。主人は『心配しなくていいよ。君の猫はうちでちゃんと面倒みるからね。」と返事をしたら本当に安心した声で『ああ、良かった。ありがとう。。。」と言ったそうです。その日からエドワルドはうちの子になりました。Edy_sleeping


2018年12月22日 (土)

埋葬

20181221_130923
いつもEdwardと過ごしていたリビングからよく見える庭の中央に亡骸を埋葬することにしました。主人が穴を掘り始めましたが慣れないせいかなかなか進まず一旦中断し、仕事より帰宅後に続きを、ということになりました。私としてはEdwardの亡骸と一分一秒でも長く一緒に居たかったのでこの中断は正直言ってかなり嬉しかったのです。ガーゼのバスタオルでくるんだEdwardを何時間も抱っこして色々な話をしました。沢山のありがとうも伝えました。沢山のキスもしました。沢山のごめんねも言いました。返事をしてくれなくても目を開けなくても起きあがらなくてもいいのでこのままずっと抱っこしていたいと思いました。。。夕方6時頃に主人が帰宅しましたので2人で泣きながら本当のお別れを言い、庭に咲いていた水仙の花と一緒に庭に埋葬しました。Edwardを埋葬した後の家の中は本当に静かでまだ彼の匂いだけがかすかに残っていて、もう居ないのはわかっているのについつい彼を探している自分が愚かに思えました。悲しくて悲しくて仕方有りません。年甲斐も無く声を上げて泣いています。どんなに泣いてもあの子は戻って来ないのに。。。。

2018年12月21日 (金)

12月20日22:31逝く


主人と私だけの小さな家族に見守られてEdwardは安らかな眠りにつきました。コメント頂いた方達、記事をずっと読んで下さった方達、そしてずっとアドバイスや情報を教えて下さった上、おむつまで送って下さったchibiayaさんに心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

2018年12月20日 (木)

見守るしか。。。。

Sn3v0016

昨日の朝にオシッコしたきりでずっとオシッコしていないです。夕方は静かに寝ていましたが夜中から痛みが出てきたのか数十分置きに泣くようになりました。その度に顔や身体をさすってやると泣き止みます。そんな事しかしてやれない自分が情けないです。。。

2018年12月19日 (水)

12月19日のエドワルド

Sn3v00120001
なんとか水だけは飲ませています。昨日の昼からオシッコしていなかったので心配しましたが
今朝だっこしてお腹を触っていたら尿が出ました。たまにだっこして姿勢を変えてやると排尿や排便の刺激になっていいかもしれません。今日もがんばるエドワルドです。。。。

2018年12月18日 (火)

せっかくのおむつが。。。

Sn3v00060001
コタツに引きこもらなくなって今はストーブの前が寝床になり、おむつが替えやすく世話がしやすくなりました。ところが寝床が変わった途端に生活のパターンが変わったようでなぜかどうしても自力でトイレに行ってそこで排尿したがるようになりました。オシッコしたくなると泣いてトイレに行こうとします。ほぼ寝たきりなのですがトイレに行こうとする時だけは気合いが入るのか寝床から起き上がり倒れながらも移動するので危なくて目が離せません。私がだっこしてトイレに連れて行き、倒れないように身体を支えると砂の上にオシッコするのが日課になりました。なので寝床に寝ている時は排尿しなくなったのでおむつが要らない状態です。chibiayaさんから頂いたおむつや、私が作成した大量の穴空きおむつは暫く使う事はないかもしれません(;;;´Д`)。。。


2018年12月17日 (月)

ひなたぼっこ

Sn3v03220001


Sn3v03240001

昨日は天気がよかったのでEdwardにひなたぼっこさせました。気持ちよかったかな。。。ご飯はもう食べなくなりました。頑張れ、Edward。
  

   いつもニャンコの世話についてアドバイスをいただいているツブ友のchibiayaさんからおむつやレモンケーキを送っていただきました。本当にありがとうございます。彼女の優しさで心が温かくなりました。chibiayaさん、ありがとう。(*゚▽゚)ノ

2018年12月16日 (日)

考えすぎて

Sn3v031100010002

片時も目が離せなくなってきたエドワルド。慌てて買い物に行って帰宅していざ玄関を開けようとしたけど鍵がない( ̄○ ̄;)!絶対スーパーで落とした、と思い猛ダッシュでスーパーに戻るも届けが無い‼\(゜ロ\)(/ロ゜)/Σ(T▽T;)どうしよう,家の中でエドワルドが泣いているような気がする。ヤバい、実家に電話してスペアキーを持って来て、と頼んだものの片道二時間かかるしもう大パニックです。なんとか気持ちを落ち着けて玄関を出て鍵をかけた後、何をしたかおさらいしてみたら自転車に乗る前に汚れたオムツをゴミ箱に捨てた事を思いだし、ごみ袋を開けて見たらそこに鍵発見しました。おむつと一緒に家の鍵も捨てていました。考え事をしながら用事をするとろくなことはないと思い知らされたのでした。結局30分位はひとりぼっちだったエドワルドですが家に入るといつも寝ている毛布の上に寝ておらず、写真右真ん中辺りに写っているの自分のトイレまで這っていきおむつを着けたまま用をすまし、トイレの横で寝そべっていました。おむつは完璧に外れていました。何がなんでも自分のトイレでオシッコしたいエドワルドの気迫を感じたのでした。。。。

2018年12月15日 (土)

寝返り

Sn3v03100001
日々寒くなってきました。エドワルドはほんの少しだけ食べますがそれを吐く事もあります。寝返りを全くうてなくなったので二時間置きに向きを変えて寝返しするようにしています。こうしないと肩が無い猫ですが肩が凝ってしまうと昔獣医に言われた事があるので夜中でも実践しています。寝返した後、上になった方の腕の付け根からお腹にかけて軽くなでてやります。こうすると気持ちよいのか目を細めます。今日もエドワルドがんばっています。(゚ー゚)

2018年12月14日 (金)

高分子吸収体?

Sn3v03080001

エドワルドのおむつを替えるのも少し慣れてきました。赤ちゃん用のおむつに穴を空けて利用しています。穴を空けた後、そこから小さな粉末が漏れてきますがこれが水分をぐんぐん吸う高分子吸収体ってやつかな?サージカルテープを使って切り口を塞ぎ、粉がこぼれないようにしていますがある程度の湿度(尿そのものよりも身体からの水分や部屋の湿気)でテープが剥がれてくるのでミシンで軽く縫いました。(^-^;
Sn3v030600010001部屋自体が暖かいとコタツに引きこもる事が少なくなって私自身もエドワルドの様子をチェックしやすく看病もしやすいので昼からエアコン暖房と電気ストーブの両方つけっぱなしです。エドワルドの介護で汚れた大きいタオルや雑巾も部屋干しで直ぐ乾くので一石二鳥?電気代が恐ろしいけどこの際仕方有りません。。。。